スマホの画面はなぜ割れる?危険性と修理業者に依頼した方がいい理由。

スマホ 画面割れ

私達は、スマホの画面が割れてしまう危険性といつも隣り合わせで生きています。

実は画面割れを放置しておくと、様々な危険が生じたり、故障につながったりすることもあるんです。

今回は、スマホの画面割れが起こる原因やその危険度、修理業者による修理価格などを説明していきたいと思います。

スマホの画面割れが起こる原因。なぜ割れるのか?

・原因はスマホの構造

スマホの画面はなぜ割れるのでしょうか?

スマホの画面割れは単刀直入にいうと、スマホの素材に問題があります。

スマホの液晶にガラスを使用しているから画面割れが起こってしまうのです。

スマホの液晶は構造上ガラスでできています。私たちの日常生活にも欠かせない部屋を照らしてくれる電球や食事に欠かせないお皿なども落としたら当然割れてしまいますよね。

それと同じで、スマホも強度がいくら強いガラスを使っているとはいっても、地面に叩きつけられてしまうと、割れたり、ヒビが入ったりするリスクは高まります。だからこそ、スマホを落とすということはガラスを落とすのと一緒だと思って日々生活すれば、危機感が高まるかもしれません。

それなら、ガラス以外を使用すればいいという発想が出てくるかもしれません。事実、いわゆるガラケーと呼ばれる従来型の携帯電話はガラスではなく、プラスチックが使用されているので、落としても画面を損傷する危険性はありません。しかし、スマホはガラケーと違って、画面を直接タッチすることで利用するものです。そして、そのスマホのメイン機能とも言えるタッチ機能は液晶がガラスだからこそ採用できる方式なので、スマホの画面にはガラスが採用されています。

 

画面の割れたスマホをそのまま使い続ける危険性

スマホの画面は上記でも述べた通り、ガラスでできています。だからこそ、割れたら様々な危険が襲いかかってきます。

それでは、画面割れによって引き起こされる危険を説明していこうと思います。

①怪我に繋がる

ガラス割れは、時に怪我を引き起こします。

指で触れた部分にガラスの破片があって怪我をしてしまったり、破片が散らばり、それに気付かず生活を送ってしまうことによって、気付かぬうちに指を切ってしまったりすることもあります

万が一、ガラスが体のどこかに刺さってしまったら、自分で抜くことはあまり現実的ではありません。自分で抜こうとすると、場合によっては、ガラスが身体の内部に進入してきてしまうケースがあり、病院に行く必要が出てくるなど、大事に至ります。

また、自分だけでなく、他人に対しても危険が及びます。共に生活をする家族がいる場合などは、家族が細かい破片に気づかず踏んでしまうなんてこともあるでしょう。スマホの画面割れをほったらかしにするだけで、家族や身近な人に危害を加えてしまうと思うとゾッとしますよね。

だからこそ、スマホの画面が割れた場合は早めの対処が必要となってきます。

②進行すると画面が見れなくなる

画面割れは進行して、液晶の方に損傷が入ると画面が暗くなり、見えなくなってしまう可能性があります。

以下は、筆者の実際の体験談です。

私は昨年の夏、何度かスマホを地面に落としてしまい、結果、iPhoneのボディを傷つけてしまいました。その時は、インカメラの内部が見える程でした。

しかし、私は修理をせず、そのまま使い続けたのです。すると、数日経つと、ディスプレイの上部に黒い表示が出るようになり、さらに数日後、その黒の部分の範囲がさらに拡大し、結果、最後に落とした日から1週間程で、画面の上半分が見えなくなり、縦に線のようなものが入ってしまいました。しかも、そのとき私は東南アジアの国に旅行に来ていて、打つ手なし…。そのときは本当に困りました。

このような状態になると、バックアップなどを取ってないと、本体交換などもできず、大変な事態となってしまいます。

③ガラスが内部に進入→基盤損傷の可能性!

割れたガラスは非常に細かく、肉眼で確認できるかできないかレベルのものまであります。ですから、その見えない破片がスマホの内部に到達し、内部を傷つけしまったら大変です。

基盤に傷をつけてしまい、不具合を引き起こしたり、部品の接触不良を引き起こしたりなど考えられる損傷は数多く思い浮かびます。

基盤はスマホの心臓にあたる部分なので、不具合では留まらず、最終的には起動不可、データ復旧不可となってしまう可能性もあります。

スマホの画面割れは自分で修理できる?修理業者に依頼するべき?

ここまで、スマホの画面がガラスでできているからこそ、割れたときは危険であることを述べてきました。

危険だからこそ、スマホの画面が割れた場合は、早急な対応が必要です。その場合、自分で修理できるのか、それとも修理業者に委託した方がいいのか、両者のメリットとデメリットも踏まえて、対応策を考察していきたいと思います。

自分で修理する方法

・割れている部分の上から保護シートを貼る

応急処置として、上から保護シートを貼れば、外部からの衝撃を和らげ、さらなる画面割れを防ぐ事は可能です。

しかし、これは割れた状態のスマホに上から保護シートを被せただけなので、本質的に画面割れを修理したとは言えません。また何らかの衝撃でシートが破損し、割れが進行していってしまう可能性もあります。あくまで、応急処置だと考えてください。

・「スマホの絆創膏」という商品を利用する

割れたスマホに貼る保護フィルムです。割れたスマホ専用で、この商品を使う場合は、画面の割れが比較的軽い場合に限るべきです。

・専用の修理キットを使う

画面割れの損傷が比較的浅く、軽い傷やヒビである場合は、スマホの画面割れ専用の修理キットを使って修理することもできます。短時間で傷を消したり、隠したりできる商品もあります。スマホ修理初心者でも修理ができるようにわかりやすく説明されているので安心です。

しかし、画面の損傷が激しい場合は修理ができないと説明書きされている商品もあるので、そこは注意が必要です。

正規の修理店で修理する場合

・フロントパネル交換の修理

正規の修理業者に修理を出せば、フロントパネルを新しいものに交換する事で、傷のない綺麗で安全なパネルに戻すことができます。この修理は、再度落としたり、衝撃を与えたりしなければ、ガラスの画面割れによる危険性を排除することができます!

正規の修理店であれば、確実に以前と同じ素材を使用しているので、正しく復旧する可能性が高く、非正規と比較すると非常に安心です。

非正規の修理店に依頼する場合

非正規の修理店に依頼することも可能です。正規と比較し、本来の部品と違う素材のものを使って修理することが多いですが、即日安価で修理してくれるので、非常に頼もしい存在です。

三者のメリットとデメリット

・自分で修理する場合

メリット:低価格で済む。

デメリット:本質的には直したことにならない・再度割れる危険性がある

・正規の修理業者やメーカーで修理する場合

メリット:確実性がある。

デメリット:非正規に比べ、価格が高く修理期間が長い。本体交換の可能性。

・非正規の修理業者で修理する場合

メリット:正規店に比べ、価格が安く修理時間が短い。

デメリット:メーカーやその正規店と比較すると、確実性の面では劣る。

自分?正規?非正規?結局何がいいのか!?

自分で修理する場合は、上記でも説明した通り保護シートを貼るだけで、低価格で済む面もありますが、やはりあくまで応急処置であると考えた方がいいです。本質的に直したわけではないので、いつ画面割れが進行するかもわかりません。また、専用の修理キットを使って修理する場合も、画面の損傷が激しいとできませんし、初心者仕様だとはいっても、初心者が修理を行うのは非常に難しい作業です。

スマホの画面割れを修理する目的は、画面割れによって引き起こされる危険を排除することです。

だからこそ、修理業者に修理をお願いすれば、画面割れに潜む危険を根本的に排除することが可能です!

ただし、修理業者には正規と非正規があります。正規店は確実な修理が可能です。しかし、非正規の修理業者は、非正規とはいえ、正規のものに限りなく近い素材を利用している店舗が多いのが実態です。修理に出したらスマホが逆に壊れてしまったというケースもあまり聞きませんし、修理業者に持って行った時点で修理可能かどうか判断してもらえるケースも多いです。確実性の面では、非正規店は正規店に多少の劣りはあるかもしれませんが、上記のような理由からも、非正規店の修理の確実性は高いと言えます。

ただし、業者によって修理のクオリティは異なります。業者の見極め方の一つとして、総務省認定の修理業者を選ぶべきです。

このように、総合的な視点から判断しても、スマホの画面が割れたら、修理業者に修理に出すことを、筆者はお勧めします!正規店で修理するか、非正規店で修理するかは、それぞれのどういった特性を重視するかで変わってきます。しかし、非正規店の修理のクオリティは非常に高く、低価格で即時修理が可能なので、筆者は非正規の修理を勧めます。

スマホの画面割れを修理する場合の費用相場

・キャリアや機種によって異なる!

費用相場はキャリアや機種によって異なります。

まずキャリアですが、三大キャリアである、softbank、au、docomoの保証に入っていれば、その分、修理価格は安くなります。こういった大手のキャリアは保証制度なども整っているので、比較的安い価格で正規の修理が受けられます。また、Apple社の製品も同じです。AppleCareという保証に加入すれば、本体が壊れてしまっても、比較的低価格で新しいものと交換することが可能です。

ただし、保証に入っていないと、修理価格は跳ね上がる可能性もあります。Apple社の製品を例に挙げてみると、修理業者の価格に倍ほどの差がありました。もちろん、修理業者の方が安いです。正規だとやはり確実性はありますが、安く速攻で修理をしてくれる非正規の店との違いがこのようなところで表れてきますね。

次に機種ですが、機種によっても価格帯は異なります。基本的には古い機種から新しい機種にかけて価格が上がっていくイメージです。修理業者のホームページや店頭に修理価格表などが記載されていると思うので、そちらを確認してみてください。

まとめ

今回は、スマホの画面割れについて幅広く説明してきました。

今回の要点を以下に箇条書きでまとめてみたいと思います!

・スマホの画面はその構造の都合上、素材がガラスでできているために、落としたり、衝撃を与えてしまったりすると、割れやすい。

・ガラスできているからこそ、割れたら様々な危険が引き起こされる。しかもその危険は、自分だけではなく、周りの人や端末本体にも及ぶ可能性がある。特に、肉眼ではわからないくらいに細かいガラスが非常に危険!人体にもスマホの基盤にも損傷を与える可能性がある。

・画面割れが起きた場合、自分で応急処置として対処することも可能ではあるが、本質的には直したことにならないから、修理業者で修理する事で、危険回避することがおすすめ!

・非正規店には、デメリットはある。ただ、正規店にもデメリットはあるので、「安全性」「価格帯」「即時性」のどれに重点を置くかで、どの修理をするかは異なってくる。しかし、非正規でも、修理のクオリティが高い業者はある。

スマホの画面割れはほったらかしにすると危険です。

 皆さんもスマホが割れた場合は、危険なのでほったらかしにせず、スマホの修理業者に依頼してください。

当社は、総務省の厳しい審査をクリアした総務省登録修理業者です。

スマホの画面割れに関する修理依頼を数多く頂いており、修理実績も豊富です。何かご不明な点がございましたら、是非一度ご相談ください。

この画像をクリックすると、店舗ページへ飛びます。