スマホの液晶漏れはどうしたらいい?放置した場合のリスクと対処法を解説

スマホの液晶漏れは、スマホの画面故障でよくある症状ですが、そのまま放置すると意外と危険です。

どのような危険があり、どのような対処をすれば良いのか、説明していきたいと思います。

スマホの液晶漏れはなぜ起こる?

液晶漏れとは

液晶漏れとは、スマホに何らかの衝撃が与えられたことによって、「スマホの画面に黒いシミのようなものが表れること」をいいます。

また、その黒いシミの出現により、画面が見えなくなること自体を表すこともあります。その他にも、液晶漏れは縦に線のようなものが入るといった症状もあります。

以下は、スマホの液晶漏れの画像です。緑の枠で囲った部分が液晶漏れが起こっている部分です。画面の一部分が暗くなっています。

液晶漏れが起こる原因

スマホの構造は一般的に「3層構造」になっています。

層の一番上から順に、「カバーレンズ」「タッチデジタイザー」「液晶」という構成になっています。

画面が割れてもスマホが正常に動くことが多いのは、カバーレンズが割れているだけでタッチ機能にまで影響が及んでいないからだと考えられます。

液晶漏れが起こる原因は、通常の画面割れと同じでスマホ本体に強い衝撃が走ったときに起こることが多いです。

液晶漏れは放置すると自然に治る?

液晶漏れは自然に治らない

基本的に、液晶漏れが自然に治ることはありません

そもそも液晶とは、固体と液体の中間の状態のことをいいます。液体のような流動性がありながら、結晶の性質も持ち合わせているために「液晶」と呼ばれます。

密閉された空間で、液晶が破損し、液体のような流動する物質が外側に流れ出したら、自然とまた元の状態に戻るとは考えにくいですよね。

液晶漏れを放置するリスク

・範囲が広がっていく

液晶漏れは、一度起こると進行していきます。黒いシミの範囲は広範囲に拡大していき、やがて縦線が入り、タッチが効かなくなっていくこともあります。

上記でも説明したように、液晶漏れが自然治癒することはないので、黒いシミが大きくなっていくと、画面が見えなくなり操作が効かなくなってしまうこともあります。

そこまで液晶漏れが進行していくと、データのバックアップが困難になっていきます。液晶漏れは初期段階で早めの対処をすることが必須です。

・誤作動が起こる

主な症状の例としては、画面を開いた時に、パスワードのタッチが効いたり効かなかったり、または漏れ出した液晶に反応し、自分の意図に反してスマホの操作が行われてしまったりなどと様々です。

タッチが効いたり効かなかったりする状態を放置していると、時間が経てば完全に効かなくなってしまうこともあります。それに、自分が望んでもないのにアプリを開いたり、電話をかけてしまったりすると大変な事態となってしまいます。

・画面が突然つかなくなる

液晶漏れが原因で画面がいきなり消えてしまうこともあります。

最初は小さい液晶漏れですが、その規模は拡大していくのでやがて液晶漏れが画面全体を覆ってしまいます。

画面が完全に真っ暗になってしまうと、スマホの操作をすることが不可能になってしまいます。そうなると必然的に、バックアップを取ることもできなくなってしまいます。

液晶漏れが起きたときの対処方法

画面の保護フィルムを貼り直す

液晶漏れは通常の画面割れと同じで、外的な要因から起こります。

液晶漏れを起こしたスマホに外的な刺激をさらに与えてしまうと、液晶漏れがさらに進行してしまう可能性があります。

その進行を少しでも遅めるために、上から保護フィルムを貼ることで、スマホを保護することができます。

ただし、液晶漏れを根本的に治したことにはなりません。応急処置に変わりはないので、そこのところには注意が必要です。

データのバックアップを取る

上記でも説明したように、スマホの液晶漏れは拡大していき、いつ画面のタッチが効かなくなり、いつ画面が真っ暗になってしまうか見当がつきません。

だからこそ、液晶漏れが発生した時点でスマホのデータのバックアップを必ず取っておいてください。画面の操作ができなくなったら、データのバックアップを取ることは不可能です。

進行する前に早めの対処を心がけましょう。

修理業者に依頼する

液晶漏れは、少し複雑な故障のように聞こえますが、実は修理内容としては画面を交換するだけで治ります。

新しい画面に交換する修理は、iPhoneとAndroidに多少の難易度の差はありますが、即日で修理が可能なので、修理業者に依頼することで液晶漏れを根本から治してもらいましょう。

また、最悪の場合、液晶漏れが進行すると、液晶が基盤に入り込んでしまう可能性もあります。そうなると、水没端末と同じ扱いになってしまいます。

基盤側に損傷があるかどうかは、修理業者に判断してもらわないとわかりません。だからこそ、液晶漏れが起きたら、迅速に修理業者に依頼・相談してください。

液晶漏れはなるべく早く修理業者に依頼しよう

液晶漏れは自分で治すのは難しい

上記でも説明してきたように、液晶漏れは自然治癒することもなく、自分で治すのも難しいです。

液晶漏れの修理というと難しい修理を想像する人も多いかもしれませんが、液晶漏れの修理は基本的に画面を交換する修理で治ります。

しかし、面交換の修理はスマホ修理初心者からすると、やはりかなり難しいものです。

スマホ修理の方法はGoogleやYouTubeで検索すればその方法は載っていますが、それを見て自分で修理するのも難しいです。

また、液晶漏れから誘発されて他の症状がスマホに表れてしまうかもしれません。そうなってしまうと、現状のスマホの症状を自分自身で把握することは至難の技です。

液晶漏れが起きたら、迷わず修理業者に相談・依頼しましょう。

修理を依頼できる場所

スマホの修理を依頼できる業者は正規と非正規に分かれます。

液晶漏れの修理は正規と非正規どちらでも行われています。確実性や安心面では正規の修理が信用できますが、修理に時間がかかってしまうという点と保証に入っていないと修理料金が非常に高くなってしまうというのが短所としてあります。

一方で、非正規は価格が安く修理時間が短いが、確実性の面で正規に劣ります。しかし、総務省登録修理業者という公的に認められた業者は、技術力が保証された業者なので、安心面もかなり高いです。

修理代の目安

修理代は正規と非正規によって変わってきます。

価格は正規の方が高く、非正規の方が低いです。

非正規でも激安を謳う修理業者は格安ですが、総務省登録修理業者はそれに比べると高いです。理由は、登録修理業者に登録するためにはかなりのコストを要するからです。多大なコストを要してまで登録してるからこそ、信用が置けると言うこともできます。

液晶漏れの修理目安は、正規だと30000〜50000円程度で、登録修理業者だと6000〜20000円程度です。

機種によって相場は異なりますが、基本的には正規の修理料金よりも、非正規の修理料金の方が安いです。

自分がどの点に重点を置くかで、修理業者選びは変わってきますが、スマホ修理における確実性・価格の安さ・即時性を兼ね備えた総務省登録修理業者に依頼・相談するが一番いいでしょう